相談事例

父親が交通事故で寝たきりになりました。

任意後見制度

父親が交通事故で寝たきりになりました。
後見人をつけなければなりませんか?

お父様の現在の状況によって変わってきます。仮に判断能力が低下している状況であることを前提にお話を進めます。療養施設への入所契約、事故の相手への損害賠償請求等はお父様ご本人が契約、請求をすることになりますが、判断能力が低下している場合は後見人等が保護者としてこれらの法律行為をしていくことになります。このような場合は家庭裁判所に後見開始の申立をして後見人を選ぶ必要があります。身体的な障害のみで判断能力がしっかりしている場合はこの限りではありません。

制度の詳しい内容から、申立のお手伝いまで分かり易くサポートします。お気軽にご相談ください。

052-451-2324[受付時間]平日9:30~17:30