相談事例

将来自分が認知症になったらどうしたらよいでしょうか?

任意後見制度

将来自分が認知症になったらどうしたらよいでしょうか?
あらかじめ出来る準備は何かありますか?

判断能力の低下に伴って、契約や金融機関の取引など自分一人で出来なくなってしまう可能性があります。認知症等を発症してからは法定後見制度を利用することになります。また、あらかじめの準備として任意後見契約を信頼できる方(たとえばお子様親族)と結んでおくことができます。万が一認知症を発症したときはその方が後見人に就任することになります。裁判所が選ぶ見ず知らずの後見人と違って、あらかじめ将来のことなどを信頼できる方と相談の上、後見人に就任してもらう事ができより安心です。

制度の詳しい内容から、申立のお手伝いまで分かり易くサポートします。お気軽にご相談ください。

052-451-2324[受付時間]平日9:30~17:30