成年後見支援センター

死亡事務の委任契約

本人と受任者との間で契約をします。

葬儀・埋葬・永代供養・遺品整理など死後の処理を頼むことができます。
民法の委任契約に基づく制度です。後見人は本人が亡くなると任務終了するためです。

死亡事務の委任契約のメリット・デメリット

メリット

  • 死後の葬儀や供養を頼める親族などがいないときに効果を発揮します
  • 賃貸住宅などの整理明け渡しを依頼する事ができます

デメリット

  • 費用をどこから出すのかあらかじめ決めておかなければならない
  • 契約のあること自体を親族が知らないと揉め事になる場合がある

制度の詳しい内容から、申立のお手伝いまで分かり易くサポートします。お気軽にご相談ください。

052-451-2324[受付時間]平日9:30~17:30