成年後見支援センター

法定貢献制度

成年後見制度は、大きく分けると、法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。 また、法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選ぶことなっています。

法定後見制度は、判断能力が低下してから、家庭裁判所によって成年後見人を選任してもらう制度です。任意後見制度は、お元気なうちから「将来、判断能力が低下した時に後見人になってくれる」人との間であらかじめ契約をしておく制度です。

メリット

  • 法定後見人として権限の範囲が広い
  • 家庭裁判所が直接監督するので安心

デメリット

  • 見知らぬ資格者(弁護士等)がある日突然後見人となる
  • そのため財産管理などの引継ぎが困難になることも
  • 後見人が選任されるまでに時間がかかる

制度の詳しい内容から、申立のお手伝いまで分かり易くサポートします。お気軽にご相談ください。

052-451-2324[受付時間]平日9:30~17:30